成都出境旅游专为去四川旅游的游客提供最权威的四川旅游信息!
预估游客人数: 1573人 75657人 56756人
您当前的位置:主页 > 游记攻略 > >
腰最底部屁股上面疼/灰扒系列第老卫/公主快
作者: 四川旅游 来源: www.rohfun.com 发布日期:2020-04-12 09:30 查看次数:

  海内網の02月21日の報道によると

  絶品人気無敵超きれい、ベッド事情描写が多い、対象者に話すHuang物語の内容は生き生きとしてストーリーがあるえっえっえっえっえっ!!!赤ちゃんたちのオンライン観賞を歓迎します.最新のヒットした本もたくさんありますよあなたは知っている…です!!!

  好奇心は火山の噴火のように抑えられない、彼はなんと足を伸ばしてジャケットの入り口に行って目を盗んで中を見た……

  ジェーン虹顔はいつも昼に家に帰らないので、オフィスで昼寝をしていて、彼女のジャケットの中に快適なベッドがあって、部屋の中に柔らかい小さな明かりがついていて、さらに張三慎は暗闇の中で長い間立っていて、目が見えてはっきりして、その大きなベッドで、真っ白な塊がしきりに蠕動して、叫んでいる。

  彼のあごは落ちそうになって、見ているものがどんどん投入されて、聞いているものもますます噴気になって、もともとドアの外に体があって、ただ頭をドアに入れて覗き見に行っただけで、知らないうちに全員が隠されたドアに沿って入って行った!

  近づいてみると、ベッドの上で転がる真っ白さは他人ではなく、普段は冷たくて高くて美しい顔だった

  この時点で、この女性は老婆のような髪が散って、枕全体が長く垂れ下がって、黒ずんで彼女の顔を白く引き立てて、その黒い額の眼鏡がベッドの頭の棚に落ちて、目が閉じている。

  文学

  柔らかな明かりの下で、彼女の頬は赤くて、唇はさらに鮮やかで、かすかに開いて、真っ白な歯を露出して、クローブのような小さな舌が喉を焦がして唇を舐めて、張三慎股の間を怒らす声は、この新鮮ないちごのような小さな口から出てきた。

  張三慎は彼がずっと中性人と思っていた女性の指導者がこんなに美しいとは思っていなかったが、ドアを閉めてこの方法でのんびりしていた。

  彼の目は次第にその女性の体に浮かんで、それを見るとさらに唾液が出てきた。女性の美しい輪郭はレーザーのように瞬間的に張三慎の神経を貫通した!

  彼は魔法のようにベッドの上に近づいてきて、目が赤くて貪欲にベッドの上の魅惑的な体を見ている。

  ジェーン虹顔も忘我の快楽に酔っているかもしれないが、ベッドの上に、普段は気にもしない男の部下が貪欲に彼女を見つめていることに気付かなかった。

  張三慎さんは、自分のリーダーがこんなにいい体型を持っているとは思わなかったのか?普段はステレオタイプの正装を着ていますが、セクシー、豊満、誘惑といった人間的な魅力的な言葉と関係があるとは少しも感じていません。

  しかし、今、ベッドは明らかに人気のある人形ですね。どこで普通の偽善的な男と等号をつけることができますか?

  張三慎はちょうど体が強い時で、妻が子供を産んだ後、子供の世話をして神を分けたのか体が養わなかったのか、男女のことはいつも無理に見えて、彼の要求を押して押すことができて、顔のせっかちな死んだ魚を押すことができないように横になって、彼が欲しいとしても、彼女は無味無味無味で、油の少ない塩のない料理を食べたのと同じくらいつらい。

  ベッドの上で男を必要とするこの女性を見て、張三慎は突然、この女性が彼の普段の恐怖のリーダーであることを忘れた。

  彼の目には、今、この女性は哀れで弱々しい女性で、彼は、危険な救済を助けるグランド客と一緒に彼女を助けることができ、彼女は男の味を味わっている。

  アルコールの力とベッドの誘惑という二重の役割が、張三慎を完全に理性を失って、彼は大胆で、忘れてズボンを引っ張って、上着も脱いでいないうちにベッドに飛びついて、一気に彼女を占有した……

  ジェーン虹顔は確かに自分の無力な行為に落胆されたばかりで、彼女は長い間苦労したが、それまでと同じように頂上に突進することはできない、計算しようとしていた、誰が突然人に手を開けられたことを知って、まだ彼女が反応するのを待っていない、突然彼女の体と神経を詰め込んでしまった!

  しかし、彼女はまだ少し残った理性が働いていて、人に突然襲われても仕方がなく、もがいて彼を押しのけようとしているが、嵐のような攻撃は彼女にあんなに衝撃的な喜びを与えて、一気に彼女をクラウドに送った、彼女はこんなに大きくて、男がこんなに大きな魔力を持っていることを知らなかった、なんと彼女を本当の人から軽やかな綿の塊に変えることができた。

  彼女は助けを呼ぶのを忘れた!

  この人生で初めて魂が骨をむしばむ喜びは彼女を侮辱したことを忘れさせ、今彼女に体の男を押しのけることは言わないで、この男は自分で行く、彼女も死ぬ恐れがある、彼は彼女をクラウドに連れて行った!

  張三慎は確かに彼女を失望させなかった、彼は壮年に加えて飢餓を受けた、今、二人は確かに乾いた薪の火で、焦燥して一緒になった、この苦労はまるで火星が地球にぶつかったかのようだ!

  張三慎はこの女性が抵抗していないのを見て、しかも積極的に両腕を伸ばして彼の首を巻いて、まるで彼の全身の精神を吸い込むようになった!

  彼も興奮して、寝返りを打った奴隷が歌う邪悪な気持ちを抱いて、彼女を持ち上げて相対的に高い上司の机の上に倒して、彼はいつも何度も畏敬の気持ちで拭いた机の上で、ひどく彼の謙虚さを発散した。

  ジェーン虹顔は張三慎が彼女をテーブルの上に連れて行ったのが無意識の復讐であることに少しも気づいていない。彼女は彼女の体に近づきたくない夫から、今夜のような待遇を受けたことがない。その混交は彼女の男が彼女の前に来て、元気のない死者相で、毎回3分を超えて銃を払うことになって、彼女は今自分で解決したほうが夫に権力を行使させたくない。

  しかし、今、この男は彼女を楽しませています!彼は憎しみの行為を持ってかえって彼女に極度の喜びを与えた、彼女の頭の中には自尊心のようなものがあるのか?一部の自暴自棄は仮面を完全に捨てた。终于,她成功的第一次彻彻底底尝到了做女人的妙处……

  云收雨住,张三慎就算是再强壮,也不由得浑身汗湿,丢盔卸甲的坐倒在了沙发上,女人则保持着刚刚达到顶峰的姿势歪倒在老板桌上一动不动,仿佛还在享受着尚未消退的幸福。

  而男人总是比女人干脆,张三慎的快乐已经结束了,酒意也更加随着汗水一起消散了,他坐下来之后仅仅得意了一两分钟,马上,理智就回到了他的脑子里,可把他吓得浑身冰冷,魂不附体了!

  “老天爷!刚刚我这是鬼迷心窍了吧?怎么会把老板给搞了?这下不死也要脱层皮了!”

  张三慎在心里暗暗叫苦,吓得浑身颤抖起来,赶紧扶着沙发背艰难的站了起来,手忙脚乱的提起裤子掩盖好了罪恶的证据,偷眼看着老板依旧躺在那里不动,长长地头发从桌边垂了下来,她好像仍旧闭着眼睛。

  “看来她依旧醉的不轻,老天爷保佑,让她别醒!”

  张三慎暗暗祈祷着,轻手轻脚的准备溜走,谁知道就在他转过沙发抓住卧室的门把手的时候,一个他无比熟悉又无比惧怕的声音说道:“站住!”

  张三慎一听到这个平时发号施令的时候就是这种口吻的声音,顿时吓得腿肚子转筋,想要夺门而逃又迈不动步子,心里更是不争气的只想求饶,就哆哆嗦嗦的停住了身子,听天由命般的背对着已经在桌子上坐的稳稳地了的女领导。

  “呃……郑……郑郑郑……甄总监……您……您您……您叫我?”张三慎不单单是声音吓得颤抖着,更是从头发梢一直抖到了脚趾头。

  “你是小张?”

  甄虹颜刚刚在神魂颠倒的时候,似乎已经看清楚了那个胆大包天的男人是谁了,但是不太确定,因为张三慎在她的印象里,什么时候都是一副窝窝囊囊的平庸相,跟在她身上奋力驰骋的形象相差太远!

  可是她看他被她一声“站住”就吓得浑身发抖,话都说不利落的样子,就又把那个胆小如鼠的男人跟眼前这个人融合到一起了。

  张三慎听到领导居然认出了他,更加魂不附体了,他低着头嘟囔道:“嗯……甄总监,我……我来……我来看看您是不是需要我送您回家……”

  甄虹颜却已经彻底的放下心来了!刚刚她朦胧中遭到侵犯,非但不大叫反抗,反而顺势享受了一番,当时固然是畅快淋漓,可愉悦消退之后,理智瞬间让她也出了一身的冷汗!

  想到自己居然被一个平时窝囊到极点的小杂碎给玷污了,她心里显然是窝火之极的!那么该如何处理这个色胆包天的家伙呢?

  报警显然是不明智的,那样身败名裂的可不仅仅是那个男人,她也立刻会被唾沫星子淹死的。

  就此赶走他假装什么也没发生倒是一个不错的选择,可如果这个男人从此之后借这件事要挟把持她可怎么办?

  她在烦乱之中试探的叫了一声,谁知张三慎马上就承认了是他,这就好办了!

  就这个胆小如鼠的男人,今晚也不知道什么壮了他的胆子,让他敢对她行使了男人的威猛,看他现在就吓成了这样子,只要她不追究,他就会觉得老天爷照看了,还怎么敢反过来要挟她呢?

  唉!吵嚷出去吃亏最大的不会是这个死小子,就算是他被警察抓走了又关她什么事?可她立刻就会成为大众的笑柄,一辈子抬不起头来!

  罢了罢了!只当被鬼压了一次吧,把这个哑巴亏吃了算了,现下最要紧的是如何安抚住这个混蛋不让他出去乱说,至于日后怎么处置他,反正他在她的眼皮子底下放着,要他扁要他圆还不都在她一念之间?

  “去给我倒杯水来,我渴了!”甄虹颜放心之后就恢复了威严,跳下桌子一边慢条斯理的穿好衣服,一边吩咐张三慎。

  “哎……哎哎哎!我马上去给您倒水,甄总监。”张三慎听领导话里的意思,好似也没有怎么怪罪他的意思,顿时如蒙大赦,屁颠屁颠的跑去倒水。

  “啪”!

  什么东西落在地上碎掉了,在寂静的夜色里显得分外的惊悸。

  “笨蛋,你不会打开灯啊?”甄虹颜吓了一跳,回身一看原来张三慎手忙脚乱之间又加上屋里昏暗,居然把杯子碰到地上摔碎了,就没好气的训斥道。

  “哦哦哦!我是笨蛋!对不起对不起!”

  张三慎赶紧打开了灯,忙忙的先倒了杯水送到甄虹颜手里,然后赶紧走到门口轻车熟路的找到了他每天早上都使用的笤帚簸萁,把地上的碎玻璃扫干净了,然后低着头孙子一般挪到甄虹颜跟前等候发落。

  甄虹颜仔细的审视着这个男人,此刻他已经完全没有了刚刚在她身上的凶狠,一米七八的大个子却跟孩子一般胆怯,两只手搓着衣服角头都不敢抬起来,她看了看他冒着青胡茬的下巴,又看了看他湿了一大片的胯间的裤子,不知怎的,觉得怪有意思的,居然连恐吓他一番的决心也动摇了!

  “小张,你为什么这么晚还没有回家啊?又为什么到我办公室来呢?还有,我记得我锁门了,你怎么进来了?”甄虹颜慢慢的喝着水缓和下了语气,冰冷冷拖长了声音问道。

  “蒋经理今天晚上岳母过生日,说您中午喝酒了在办公室休息,让我等着安排送您回家,我等到现在也没见您出来,不放心就拿着办公室的备用钥匙打开门进来了。

  谁知……呃……甄总监,我……我该死,我刚才等您的时候喝了好多啤酒,所以喝醉了……可您……您刚刚在床上那么着……而且您的头发披着那么妩媚,身子又是那么白,那样子是那么漂亮啊,我哪里忍得住?就犯了混……求求您放过我吧……”

  >>>>完整章节全文在线阅读 <<<<



0
四川旅游景点
景区介绍 | 景点简介 | 景区资讯 | 游记攻略 | 旅游资讯 | 商务合作 | 联系我们 |

版权所有:四川自助游攻略有限公司 CopyRight(C) 2014 East All Right Reserved.

技术支持:四川自助旅游 网站地图 备案号:粤ICP备32654589号

咨询:0577-66889888
预订:0571-66889777
投诉:400-8888-886